黄金期ジャンプの影

主にジャンプ黄金期の短期終了作品について語ります

2024-01-01から1年間の記事一覧

ジャンプ黄金期の第6期を掘り下げる

今回はジャンプ黄金期を連載作品の入れ替わりサイクル毎に掘り下げる記事の第6弾を shadowofjump.hatenablog.com shadowofjump.hatenablog.com 第6期は85年51号から86年13号までで連載作品は以下の通り。例によって並び順は連載開始順で連載回数も…

手塚賞準入選作と佳作も読む

当ブログでは前々回に手塚賞入選作家たちのその後を、前回は手塚賞入選作家の入選作を含む短編集の紹介をしてきた。となると、入選作だけではなく準入選作や佳作の作品、ついでに赤塚賞の方も気になってくるのが人情ではないだろうか。…気になってこなくても…

手塚賞入選作を読む

当ブログでは前回、手塚賞入選者についてを記事にしたが、今回はそのうちの1人の手塚賞入選作を含む短編集を紹介したい それはこちらの短編集だ 21世紀の流れ星 岸大武郎 作者自画像 そう、85年上半期に「水平線にとどくまで」で入選を果たした岸大武郎…

選ばれし者は意外と大成しない?

前回当ブログで紹介した「古代さん家の恐竜くん」の作者である新沢基栄と先日亡くなった鳥山明。スケールは違えど何れも連載作品がアニメ化されるなどジャンプ黄金期に存在感を放った作家であるが、実は両者には共通点があるのをご存じだろうか それは、手塚…

あの作家の最後のジャンプコミックス

さて、今回紹介するのは「3年奇面組」及び、その主人公たちが高校に進学した事でタイトルを変更した「ハイスクール!奇面組」で人気を博した新沢基栄の単行本である shadowofjump.hatenablog.com 新沢基栄といえば以前「ボクはしたたか君」の紹介記事で触れ…

Mr.ジャンプに黙祷を

ご存じの方も多いと思うが本日、鳥山明が急性硬膜下血腫で3月1日に死去していたとの報が入った。同氏の作品である「DRAGONBALL」はジャンプ黄金期の象徴であったのみならず、それ以前に描いた「Dr.スランプ」もまたジャンプの躍進に大きく貢献しており、Mr…

つよしハッスルしなさい

今回紹介するのは、かつて重いテーマの作品で読者に強い印象を残した作者によるこちらの作品だ ハッスル拳法つよし(86年37号~46号) ひらまつつとむ 作者の経歴についてはこちらを参考にされたし shadowofjump.hatenablog.com そして「飛ぶ教室」の…

ジャンプ黄金期の第5期を掘り下げる

ジャンプ黄金期を連載作品の入れ替わりサイクル毎に掘り下げる記事の第5弾を shadowofjump.hatenablog.com shadowofjump.hatenablog.com 第5期は85年39号から86年1・2号までで連載作品は以下の通り。いつものように並び順は連載開始順で連載回数も…

黄金期ジャンプで最も多くの作品を連載した男 番外編

当ブログでは前回まで3回にわたって黄金期ジャンプで最も多くの作品を連載した男である次原隆二の短期連載作品群を紹介してきた shadowofjump.hatenablog.com ところで、次原隆二は連載作品だけじゃなく読切作品も多く、黄金期における掲載数は8本もあって…

黄金期ジャンプで最も多くの作品を連載した男 その3

今回も黄金期ジャンプで最多、実に6つもの作品を連載した作品の片割れである次原隆二の短期終了作品を紹介したい 前々回に紹介した2作品は自身の代表作である「よろしくメカドック」の影響が色濃い自動車、バイク漫画2作品で、その路線が挫折して方向転換…

黄金期ジャンプで最も多くの作品を連載した男 その2

前回に引き続いて黄金期ジャンプで最も多く、実に6つもの作品を連載した2人の漫画家の片割れである次原隆二(もう1人は桂正和)の短期終了作品を紹介したい shadowofjump.hatenablog.com 前回紹介した2作品は自身の代表作である「よろしくメカドック」の…

黄金期ジャンプで最も多くの作品を連載した男

黄金期ジャンプにおける最長連載記録を持つ作家は「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」を連載していた秋本治だという事は前回当ブログでも触れたし、別に当ブログで触れなくとも周知の事実であろう では、黄金期ジャンプにおいて最も多くの連載作…

黄金期ジャンプ史上最短連載作品

さて、問題です 黄金期ジャンプにおいて最長連載記録を持つ作家は誰でしょう? 答えは勿論「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」を連載していた秋本治である 同作品は黄金期ジャンプの始まりから終わりまで通して連載が続いた唯一の作品であるだけ…

看板作家が絶賛した作品

来月にはもう大概の人は気にしなくなると思うが今年の干支は辰、つまり竜である そういう訳で今回は竜に関係する作品を紹介したい。といっても、新年早々に触れた「DRAGONBALL」や「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」ではなく、こちらのタイトルだ 恐竜大紀行…

謹賀新年

今年は辰年 そして「DRAGONBALL」連載開始四十周年記念という正にドラゴンイヤーである