黄金期ジャンプの影

主にジャンプ黄金期の短期終了作品について語ります

ジャンプ黄金期の第2期を掘り下げる

 前回予告した通り、今回はジャンプ黄金期第2期を掘り下げる事にする

 

shadowofjump.hatenablog.com

 

 第2期は85年12号から23号までとなる。尚、開始時期は第1期と、終了時期は第3期と若干重複しているが、連載作品の入れ替えが数号にわたって行われる為なのでその重複期間は過渡期と解釈して頂きたい

 その第2期の連載作品は以下の通り。並び順は第1期の記事同様に連載開始時期の順で、連載回数も併記しておく

 

 こち亀          76年42号 1955話

 キン肉マン           79年22号 389話

 ハイスクール!奇面組   80年41号 339話(「三年奇面組」含む) 

 キャプテン翼          81年18号 356話

 ブラックエンジェルズ   81年46号 179話

 ウイングマン       83年5・6号 113話

 シェイプアップ乱     83年26号 128話

 北斗の拳         83年41号 245話

 銀牙 流れ星銀      83年50号 164話

 きまぐれオレンジ・ロード 84年15号 156話

 ガクエン情報部H.I.P    84年44号 29話

 DRAGONBALL       84年51号 519話

 ばくだん         84年52号 29話

 ミスター♡ライオン      85年12号 10話

 CITY HUNTER        85年13号 336話

 ついでにとんちんかん    85年14号 210話

 

 

 新連載は「バオー来訪者」、「男坂」、「よろしくメカドック」と入れ替わりで開始された「ミスター♡ライオン」、「CITY HUNTER」、「ついでにとんちんかん」の3本。3減3増なので連載作品数は16で変わらず。このうち「CITY HUNTER」は「キャッツ♡アイ」でヒットを飛ばした北条司の次回作で前作以上のヒットを記録した事は説明が不要であろう。そして「ミスター♡ライオン」と「ついでにとんちんかん」はどちらも本誌初連載組だが、チャンピオンやフレッシュジャンプで連載歴のあるえんどコイチと、フレッシュジャンプで数度掲載歴がある大西志信では地力が違ったのか、片やTVアニメ化も果たすほどのヒット、片や10話で終了と明暗がクッキリ分かれた格好だ

 一方、終了作品は上記の「ミスター♡ライオン」に加えて「ガクエン情報部H.I.P」と「ブラックエンジェルズ」の3本

 この時期に掲載された読切は「100mジャンパー2」(17号)の1本のみ。作者の高橋陽一は「キャプテン翼」を連載中なので当然連載昇格は無し

 その他、当期の主な出来事は第1期を掘り下げる記事でも述べたが12号が通巻850号記念号で、14号で「きまぐれオレンジ・ロード」が連載50回、16号で「キャプテン翼」が連載200回、20号で「キン肉マン」が連載300回を突破している

 短期終了作品は「ミスター♡ライオン」、「ガクエン情報部H.I.P」に加えて「ばくだん」と全部で3本。占有率は.前期.250から188にダウン

 平均連載回数は322.31回で「こち亀」抜きだと213.47回。前期はそれぞれ297.56回と187.06回。短期終了作品の割合が減っただけでなく「CITY HUNTER」と「ついでにとんちんかん」と2本もヒット作が出たとあって大幅に伸びている

 「DRAGONBALL」は未だ本領を発揮していないが、黄金期を彩る作品を着々と増やしたのが第2期であった

 

shadowofjump.hatenablog.com

 

shadowofjump.hatenablog.c

 

shadowofjump.hatenablog.com